愛染恭子のおすすめエロ動画!

愛染恭子画像
なまえ:
あいぞめきょうこ
生年月日:
1957年2月9日
サイズ:
T161 B85(Dカップ) W60 H88
デビュー:
1984年

現在、愛染恭子の動画はありません

愛染恭子のエロい経歴

愛染恭子、読み方は「あいぞめきょうこ」です。1958年2月9日生まれ、千葉県野田市出身のポルノ女優、AV女優、ポルノ監督です。高校を卒業後にスカウトで、ヌードモデルとなり1975年ピンク映画に出演し女優デビューしました。この時期は芸名青山涼子で活動されていました。1981年に愛染恭子の名義に変更し、ストリッパーとしても活躍して、1984年にAV作品に出演し、1994年意向はAVを中心に出演して2010年にAV女優として引退をして意向は女優、監督業をメインに活動されています。ツイッターのアカウントもありますが現在はほぼ更新されていません。ツイッター上で「スマートフォン難しい」とつぶやいているので、あまりハマらなかったようですね。初体験は20歳で、ヌードモデル時代は処女だったことを明かしています。

愛染恭子がアダルトビデオ女優としての元祖説

アダルトビデオが誕生したのは日本では1981年と言われています。それまではピンク映画や、ポルノなどと呼ばれ、前貼りをしての疑似セックスが主流であり、劇中での行為で実際に挿入するということはありませんでした。そんな時代に、愛染恭子が主演した1981年の「白日夢」で、ピンク映画の巨匠と言われた武智鉄二監督の意向で前貼りなしの日本初の本番挿入が行われます。疑似セックスとリアルに挿入しているのとでは感じ方が全く違うという監督の意向と思いに賛同した愛染恭子は本番という行為を受け入れて、ピンク映画に革命を起こしました。この作品が1980年代以降に発展するアダルトビデオに多大なる影響を与えて、愛染恭子がAVをの原型を作ったと主張する説もあります。

愛染恭子の潮吹きブーム火付け役説

潮吹きは江戸時代から「水芸」として楽しまれていたという見解もあり、歴史が古いもので、70年代ではストリップで、ポルノ映画でも行為中のスパイスとして認知されていたようです。AVにおける潮吹きは1988年に沖田ゆかりが潮吹き女優として活躍しましたが、一説によると愛染恭子がAVで潮吹きブームを作ったする説もあります。1984年に愛染恭子の処女膜を復活させるという企画があり、本人の意向もあり処女膜再生手術は敢行されました。それはピアノ線を膣の入り口に巾着のような形で縫い付けぎゅっと絞る、というもので想像すると痛くなりますね。その手術の模様も作品に収録されているのでxvideo等で見てみてください。復活した処女膜を商品にしようと撮影されたAVの中で、いざ挿入しようとしてもなかなかチ◯コでピアノ線は切れなく挿入は困難とされ、ハサミでピアノ線を切った途端、それまで処女膜の影響で溜まっていた潮汁が噴出して、それが潮吹きブームの発端、とする説です。信じるか信じないかは、アナタ次第。

関連リンク
wiki:
愛染恭子 - Wikipedia
Twitter:
愛染恭子@aizomekyoko
エロ動画をもっと楽しもう!

好きなワードで検索!