エックスビデオ日本一 » 最新ニュース » アダルト »

裏メーカー、カリビアンコムの社員逮捕で日本から無修正AVが消える?

つい先日、無修正AVメーカー「カリビアンコム」の撮影に関わったとして、モデルプロダクション「ディクレア」の社長らが猥褻電磁的記録等送信頒布幇助の疑いで逮捕された事は記憶に新しい。
この一件はプロダクション関係者のみならず、無修正AVに出演したAV女優や俳優までもが逮捕され、「ついに無修正潰しが始まった」と大きな話題となったが、今回はなんと配信元である「カリビアンコム」の社員が逮捕されてしまった。
今まではネタでしかなかった日本からの無修正AV完全排除がついに現実味を帯びてきたようだ。

今月9日、警視庁と静岡、愛知両県警は猥褻電磁的記録頒布の疑いで、無修正アダルトビデオ制作会社「カリビアンコム」の社員でアメリカ国籍のサープ・マイケル・ナオミチ容疑者(34)を逮捕したと発表した(ちなみに、警視庁保安課によると、今月3日、沖縄県恩納村にいたところを逮捕したとのこと)。
サープ容疑者は昨年8月頃、日本のAV制作会社の社長(同容疑で起訴)と共謀し、日本で撮影された動画を無修正のまま配信した疑い(サープ容疑者は圧縮作業を行っていた)。
サープ容疑者は「不特定多数の人が無修正AVを観られるようにした」として概ね容疑を認めている。
ちなみに、無修正AV制作会社の運営側が逮捕されるのは本件が日本初である。

カリビアンコム運営者の逮捕を受け、ネットには以下のような意見が寄せられている。

「外国人まで逮捕されるのか」
「アメリカで編集してたのに、日本国内の法律で逮捕できるの?」
「社長逮捕ならわかるけど、末端の社員逮捕ってどういうこと?」
「日本はいつまでモザイクを続けるんだ?」
「閉鎖された島国だな」

警察はアメリカ国籍の男性をどうして逮捕できたのか?

無修正の猥褻動画を日本在住の個人、及び日本の企業がネットに配信することは違法(猥褻物頒布)である。
ちなみに、こちらは動画をアップロードしたサイトのサーバーが日本以外、つまり、無修正動画が合法となっている国のサーバーだとしても、違法となる。
実際、日本人がアメリカのFC2動画などに無修正動画をアップロードして逮捕されたケースも存在する。
ただ、無修正が合法となっている国からの無修正動画の配信は日本の法律が適用されないため違法とはならない。
故に、カリビアンコム、HEYZO、一本道など海外に拠点を置く裏メーカーは無修正ご法度の日本で暗躍できるのである。

しかし、ついにカリビアンコムの運営者が逮捕されてしまった。
しかも、逮捕されたのはアメリカ国籍の男性で、彼はアメリカで無修正動画の配信に関わっていたのである。
本来合法であるはずの海外からの無修正動画配信がどうして違法となったのか。
どうして日本の警察はカリビアンコムの運営者を逮捕することが出来たのか。
弁護士の奥村徹(おくむらとおる)氏は次のように語っている。

「日本で撮影された猥褻動画を無修正のまま海外から配信することに対し、日本の最高裁は猥褻電磁的記録等送信頒布罪に抵触すると判断しています。
もちろん、こちらの法律では原則海外のサイト運営者を取り締まることは不可能ですが、日本に共犯者がいる場合、話は別です。
サイト運営社が海外にいる限り逮捕は出来ませんが、今回は偶然日本にいたので逮捕出来たのでしょう」

奥村氏はまた、今後今回のような無修正動画配信サイトの摘発が増えるだろうと語っているが、「日本に共犯者がいない場合は最高裁の決定が及ばないので、業者はそういった抜け道を探すことでしょう」と指摘している。

無修正動画配信サイト、カリビアンコムとは

AVに詳しい人で「カリビアンコム」を知らないという方はまずいないだろうと思う。
HEYZO、東京熱と並ぶ大手の無修正AV製作会社で、売上、会員数共に業界トップの「有料アダルトサイトの長」とも呼ぶべき存在である(ちなみに、「一本道」、「天然むすめ」、「パコパコママ」、「ムラムラっとくる素人」は姉妹サイトである)。
HEYZOや東京熱など他の有料サイトに比べて作品の数(2017年3月17日現在4283作品)が多く、同サイトから初裏デビューを果たす女優も少なくない(これまでに上原亜衣、大橋未久、小向美奈子、篠田あゆみ、尾上若葉などがカリビアンコムより裏デビューしている)。
ちなみに、有料アダルトサイトを紹介しているサイトやブログでは、その殆どがカリビアンコムへの入会を勧めている。
動画数の多さ、動画のクオリティー、女優の質、全てにおいて他の有料サイトより優れているとのことで、サポートも充実しているようである(電話によるサポートを24時間体勢で行っている)。
また、先程触れた初裏デビューを求めて同サイトの会員になる人も少なくないようだ。

主に無修正動画の配信を手がけているカリビアンコムであるが、女優の動画のみならず、エロアニメ動画も扱っている(ドリームルームアニメーション)。
こちらは始まったばかりのサービスらしく動画数も少ないが、HEYZOや東京熱といった他の有料サイトにはないサービスでこちらもサイトの人気に一役買っているのではないかと思われる。
また、ゴールデンウィークやお盆、年末年始にはイベントも行われる。
イベント内容は会員による人気動画への投票、懐かし動画の配信などであるが、こういった会員を飽きさせない工夫も他サイトにはないカリビアンコムの魅力であると言える。

言うまでもないが、カリビアンコムはユーザーが利用料を支払ってサービスを楽しむ有料サイトとなっている(非会員への単品購入もあり)。
一般会員(30日)、VIP会員(90日)、超VIP会員(180日)の3つの料金プランがあり、プランによって視聴できる動画やダウンロード制限が変わってくる。
ちなみに、一般会員は49.5ドル(円換算4950円)で30日間サイトの動画が見放題となっている(ただし、VIP動画と超VIP動画の視聴及びダウンロードは不可能)。
1日4GBという制限はあるものの動画をダウンロードすることも出来、また、動画を単品購入する際にも非会員とは異なりクーポン(5ドル引きとある)が利用可能となっている。
また、一般会員、VIP会員、超VIP会員問わず、会員になると「DXLIVE」「カリビアンコムガール」というライブチャットで遊べるポイントが特典としてついてくる(こちらは初回のみ。また、ライブチャットポイントの購入は会員料金とは別となる)。
ちなみに、一般会員などの料金プランの他、「ハイスピードプラン」、「ダウンロード容量増量プラン」などのオプションサービスもあるようである。
「ハイスピードプラン」はダウンロードスピードを10倍にするプランで、「ダウンロード容量増量プラン」は言うまでもなく1日のダウンロード制限を増やすプランである。
「ダウンロード容量増量プラン」には、30GB、60GB、90GB(いずれも30日)の3つのコースがあるが、超VIP会員には一日のダウンロード制限が無制限となるコースもある。

また、カリビアンコムは「D2Pass」と呼ばれるネットワーク認証サービスを採用している。
一つのIDで複数のサイトにログインできるという優れもので、こちらは「HEYZO」、「金髪天國」、「Jガールパラダイス」なども加盟している。
有料動画サイトのみならず、女優が撮影で使用した衣装を購入することができる「ぬくもりオークション」や、アダルトSNS「モンロー」などでもこちらの「D2Pass」を採用しており、パスワード変更や入会手続き、退会手続きなどが一括で行える様になっている。

わいせつ動画と犯罪


今回、カリビアンコムの運営者が逮捕されたわけだが、先程も言った通り、海外からの配信であれば例え配信した動画が無修正だったとしても違法とはならない(著作者の許可なしに配信されたものはこの限りではない)。
しかし、無修正は一体どこまでがセーフでどこからがアウトなのだろうか。

日本に住む個人や日本の企業が無修正の動画や画像をネット配信するのは言うまでもなく違法(動画共有サービスのみならずSNSなどに無修正動画及び無修正画像をあげることも違法)であるが、現在のところ、無修正動画の視聴やダウンロードを取り締まる法律はない。
もちろん、ダウンロードした動画が著作者の許可なしにアップロードされたもの(著作権法違反)、もしくは未成年が出演しているもの(児童ポルノ法違反)だったりした場合、話は別だが、無修正動画の視聴やダウンロード、所持によって逮捕されるということは基本的にないと考えてよく、カリビアンコムなど有料動画サービスを利用することも少しも問題はない(ただし、カリビアンコムなどでダウンロードした無修正動画を知人などに貸し出した場合、猥褻物頒布に相当する)。
ただ、海外の動画共有サービスから動画をダウンロードする行為は大変危険である。
動画共有サービスにアップロードされた動画は違法にアップロードされたものであることが多く、また、動画からコンピュータウィルスに感染する可能性もゼロとは言い切れないからだ。

上原亜衣のエロ動画を見たい方はこちら
↓↓↓
「上原亜衣」のおすすめエロ動画!

2017年3月13日
エロ動画をもっと楽しもう!

好きなワードで検索!