お尻が汚いAV女優、坂口杏里のホスト通いが昔以上に激しいらしい件

皆さんこんばんは!
エックスビデオ日本一の管理人でございます。
ご存知の通り昨年タレントからAV女優に転身した坂口杏里さん(25)が加藤紗里さん(26)に借金を申し込んだそうです。坂口さんと言えば1億2000万円ともいわれたAV出演料とともに、ホスト通いで一時借金まみれの生活を送っていたと報道されたのが記憶に新しいところですが、AV女優転身後も依然としてホスト通いが止められないというのです。しかも今度は何かと世間を騒がせた加藤紗里さん宅に押しかけて泣きながらお金を貸してくれるように頼んだとか…坂口さんは一体何を考えているのでしょうか。
坂口さんと加藤さん、この2人には『売名』という共通点があり、昨年末に放送されたフジテレビの深夜番組『オトナの事情ジャーナル』への出演で知り合った2人はすぐに意気投合し、よく飲みに行く関係になったといいます。驚いたことに坂口さんは出会って間もない加藤さんに数十万単位の借金を何度も申し込んでいたといいます。顔は変だけど本当は心の優しい加藤さんは当初貸してあげようかどうしようかと本気で悩んでいたそうです。しかし泣きながら電話を掛けて、家にまで押しかけてきた坂口さんを優しい加藤さんは心を鬼にして突き放します。AV出演で手に入れた2000万円もホストクラブの支払いであっという間に無くなったというから呆れてしまいます。それでもホストクラブに通い続けているというからもう病気みたいなものですね。

ホストにはまるAV女優

坂口さんだけが病的にホストにハマってしまったみたいに報道されますが、これは誰にでも起こりうることであまり珍しいことでも無い様で風俗嬢やAV女優も例外ではありません。AV女優には地方出身者がけっこういます。例えば撮影スタジオの場所に注目してみると、五反田や恵比寿、渋谷といった所よりも明らかに新宿での仕事が多く、これは仕事帰りにホストクラブに直行出来る絶好の環境なんですよね。そのせいか新宿に住んでるAV女優も多いそうです。実際ホストにはまるAV女優は多く、仕事自体が肉体的、精神的にかなりハードなものなので、優しくてチヤホヤしてくれるホストを求めがちになります。逆に一般女性がホストにハマってしましい、そこで遊ぶお金を捻出するためにAV女優になることさえあります。ホストにハマったというある企画女優は、お店でナンバー1でなくナンバー2のホストにハマり、自分の力でナンバー1にさせることに情熱を燃やしていたといいます。それがホスト遊びの醍醐味なのかは分かりませんが彼女は入れ込んでいたホストと結婚まで考えていたらしいです。
坂口さんの場合は心の拠り所でもあったお母さんを2013年に亡くしてしまい、元々寂しがり屋の性格がホスト遊びに拍車をかけてしまったのかもしれません。しかし同時期にはお笑いコンビ『バイきんぐ』の小峠さんと付き合っていた頃ですので、小峠さんですら坂口さんの寂しさを癒やしてあげることが出来なかったということになりますよね。男性がいない独身女性であまりモテないタイプがホストにハマりやすいといいますが、一度ホストに持ち上げられる快感にハマってしまうと病的に依存してしまう危険性があり、借金をしてでも自分のお気に入りホストに好かれようと身の丈に合わないお金の使い方でホストの売り上げに貢献しようとし、結果身を滅ぼしてしまうのです。
坂口さんも同じでイケメンホスト達に尋常ではない額を貢いでいたようです。坂口さんの激しいホストへの欲求は「性欲」という形でも現れ、ある人気ナンバー1のホストに1日に6回も求めて、身の危険を感じたホストを退店させてしまったという武勇伝を持っているというから驚きです。ほぼ毎日通い続けて1日平均20万~30万を散財して、シャンパンタワーでどんちゃん騒ぎ状態だったらしいですから単純計算でも月500万前後を湯水の如く使っていた事になりますね。借金が原因でAV転身なんて、天国の良子さんは娘をどんな想いで見ているのでしょう。

芸能人からAVデビューした人達

芸能人がAV女優に転身することはそんなに珍しいことではありません。有名なところでは2005年からフォーティーエイトに所属していた「中西里菜」は2010年にグループを脱退して間もなくAVデビューしアイドル時代のファンだけでなく世間を騒然とさせました。デビュー作がアリスJAPANのサイトにアップされた途端にサーバーがダウンする程の大反響で、売上も異例の10万本超えを記録したといいます。同じくAKBからAV女優に転身したのが「成瀬理沙」で、卒業後にデビューし清純派路線の彼女が初めて男優のデカマラを手コキするところがエロすぎると話題になりました。最近ではお騒がせ女優の「小向美奈子」が海外配信の無修正作品に出演して話題になりましたし、元パイレーツの「西本はるか」やwinkの「鈴木早智子」もAV作品をリリースしています。彼女たちがAV女優になる理由は様々ですが、なぜ芸能人からAV界へ進出するのでしょうか。
芸能事務所とAVプロダクションは元々コネクションを持っています。AVメーカーのキャスティング担当から芸能事務所にオファーをかけたり、芸能事務所からAVプロダクションに仕事を委託したりと持ちつ持たれつの関係にあるのです。また両者の間にブローカーが介入することもあり、芸能人からAV女優への道は初めから当たり前のように用意されているものなのです。なので若い頃はグラビアアイドルでデビューさせて旬が過ぎたらAV女優として一稼ぎさせようとプロダクション側が決めていたり、元々それが目的でグラビアアイドルになる女性も少なくないといいます。更に元芸能人がAV女優に転身する理由としてはグラビアアイドルよりも多くの販売を期待できるところにあります。それが人気芸能人ともなれば、販売本数は桁違い、一般のAV女優とは別格扱いで歓待されます。もちろん出演に関しては本人の同意と芸能、AVプロダクションの合意の上で出演承諾となります。元々知名度のある芸能人であればAV出演によって巨額のギャラが発生するので出演する本人も殆どお金目当てであると言っていいでしょう。
最初に述べた通り坂口さんの場合では少なくとも2000万円の出演料が彼女に支払われているわけで、AV出演時に作っていた500万円の借金など余裕で返済出来た額になります。さらに小向美奈子さんに至っては通常3000本も売れば大ヒットと言われる世界で20万本の超大ヒットを飛ばしたわけですから、1作品で一財産築けてしまいます。

坂口さんのデビュー作(What a day!!)の評価

デビュー前に既に巷ではその噂で持ち切りだった坂口さんのAV転身の話題ですが、実際デビューしてからファン達の評価は二分しているみたいです。発売直後から「痩せ過ぎている」「貧乳だ」など言われ極めつけは「尻が汚い」でした。確かにおっぱいはAVでよく目にするようなボリュームのあるものではなく、ドドメ色の乳首だけがやけに存在感を主張するアンバランスなものでしたし、アンダーヘアーについても全く手入れがされていないようで生やし放題、ケツ毛バーガー並との声も聞かれました。ヒップもデキものが目立ちお世辞にもキレイとは言い難いものだったのです。借金返済のためAV女優になった坂口さんを待っていたのは世間からの痛烈な批判だったのです。要するに世の男性たちは最初彼女の身体に性的魅力を感じなかったのですね。しかしすぐに全く違う意見のユーザーが現れ始めます。小峠さんだってあのおっぱいとお尻にお世話になったはずですし世の男性全てに見放されたわけではなかったのです。多くのAVファンは最初イメージビデオの延長みたいな感じを抱いていたらしいですが、いざ内容を見てみると立派なAVではありませんか!これに好印象を受けたファンの中に坂口さんの素人っぽさを高く評価した人達がいました。彼らは綺麗に処理された陰毛やお尻でなく手入れの一切無い彼女の身体に卑猥さを感じたのです。またベテラン女優の様な洗練された魅力や演技力も伴わない、つい最近までタレントだった彼女が1人の女性としてセックスする姿が新鮮だったみたいです。
このように世間の評価は真っ二つに別れたわけですが、実際坂口さんと絡む事になった男優のしみけんさんは、かつて小峠さんと共演したこともあり何か因縁を感じてしまいます。テレビで坂口さんのAV出演に対して何とも言えない表情で答える小峠さんも印象的でした。そんな坂口さんも今年の2月に2作目となる作品をリリースし再び話題になりましたよね。タイトルも『芸能人ANRI By KING』ですよ!デビュー作に続いて2作目もこれでは、小峠さんももう暫くは杏里ネタでイジられてしまいそうですね。冒頭インタビューではタレント時代のイジメや、芸能人から口説かれたエピソーなどを暴露して、初3Pや初オナニーなど彼女のこの作品に掛ける思いが伝わってきますが、もしかして加藤さんに借金を断られて自棄になったのでしょうか。ネットでは色々バッシングの対象としてやり玉に挙げられることが多いですが、世間の評価など彼女には取るに足らないことなのかもしれません。

坂口杏里さんの汚い尻を見たい方はこちら
↓↓↓
「坂口杏里」のおすすめエロ動画!

2017年3月03日
人気ワードでエックスビデオをもっと楽しもう!
お気に入り