「くノ一」好きにおすすめするエロ動画1選!

【掲載数1本中 1~1本】

ドラマや映画等で知られるくノ一、実際は?

くノ一と言えば、女の忍者!という風に広く知れ渡っいるのはフィクションで多く描かれてきたからだと言われています。 そして、そのイメージといったら、これもまた小説等のフィクションで描かれるような男性の忍者さながらの仕事を女性がやってのける…。または色仕掛けを用いて…などが一般的ではないでしょうか? しかしながら、戦国時代が落ち着いた江戸時代に、甲賀や伊賀という流派を超えて纏められた忍術書があるのですが、そちらの文献を紐解いてみると実際は現代の我々が抱くイメージとは大きく異なっていたようです。 その文献とは、藤林長門守の子孫の藤林左武次保武が書いた忍術書で、名前が「万川集海」(まんせんしゅうかい、ばんせんしゅうかい)といいます。 そういった過去の資料を開いてみると、忍術とはいわゆる諜報機関に携わるような仕事であり、そもそもが資料として残りにくい事、そしてその諜報活動においても様々な役割があり、一言で‘忍者’とされるような大きな括りが無い事等がわかってきます。 ただ、その中でもこれはくノ一としての活動ではないか?という部分があり、実際にしていた事と言えば、情報を盗み取りたいお屋敷に女中等として送り込み、そこと取引がある商売屋に情報をリークするという事が現実のくノ一の仕事だったようです。 さらに送り込まれる過程でも、しっかりと長い時間をかけて周りとの信頼関係を構築し、ごく自然に頼出来る身元引受人から紹介されて目的の屋敷に送り込まれていたというから恐ろしい限りです。 とは言え、諜報活動なので…それくらいは当然なのかもしれませんが…。 なのでエロ動画等でありがちな‘色仕掛け’というような事があったかどうかは文献の中からは発見されていないとの事のようです。 もともと情報が残りにくい事なので、もしそんなハニー・トラップみたいな事が実際にあったとしても残っていないだけなのかもしれません。 またくノ一という呼び名の説としては、女の感じを一画ずつにした説と、目や鼻、耳等の九つの穴の他に女性はもう一つ穴があるからという説があるそうです。

エロ動画とくノ一

やっぱりエロ動画とくノ一といったら…色仕掛けで任務を遂行するくノ一だったり…悪い連中に襲われてレイプれれてしまうくノ一だったり、現実の我々がイメージしやすいフィクションのくノ一です。 xvideoなどでも見る事が出来ますが、こちらの方がしっくりきてしまうのでイメージの力というのは凄いものがあります。

本日人気のエックスビデオ

人気ワードでエックスビデオをもっと楽しもう!

お気に入り
マイリストを見る