巨乳好きにおすすめするエロ動画2,955選!

【掲載数2,955本中 1~12本】

さらに女優で絞り込む!
1 2 3 4 5 6 247
巨乳イメージ画像

エロ動画における巨乳というカテゴリー

巨乳とはおっぱいの呼び方の1つであり大きいおっぱいのことを指しますが、ひとえに巨乳と言えどおっぱいを見る人の感覚次第でそのおっぱいが普通であるか巨乳であるかが別れるところでもあります。しかし指標として定義されている巨乳が存在しているので紹介します。マイナビウーマンという企業が男女に巨乳についてのアンケートを実施した結果男女ともにおっぱいが「Dカップ以上」であることが巨乳と認知されると答えています。また、ブラジャーにおけるサイズで巨乳と思えるカップは「Eカップ以上」という答えが出ています。日本国内での指標としてはこのマイナビウーマンのアンケート調査はとても信頼できるものです。男女ともにDカップ以上、ブラジャーではEカップ以上との共通認識がある為です。男性は自分には無いその柔らかい胸に母性を感じおっぱいの大きな女性に憧れより女性的な魅力を感じています。広く一般レベルで巨乳という言葉が定着したのにはやはりエロ動画の普及が深く関わっています。1989年の2月にAVデビューしたAV女優松坂季実子が毎月1日に「巨乳の日」と銘打ちダイヤモンド映像から出演作を出してこのエロ動画作品がメガヒットになります。このヒットを受けて自身が雑誌取材やバラエティ番組出演などメディアを通じて一般向けに露出していったことで「巨乳」という言葉は広まりました。こういった巨乳AV女優の出現で世の中の男性が大きなおっぱいの魅力に取り憑かれエロ動画における1つのジャンルとして確立されたと考えられます。xvideoでも大変人気のあるジャンルです。

巨乳おっぱいの種類

巨乳はあくまでも「おっぱい」の中の1つの呼び方に過ぎません。巨乳以外にも他の呼び方でおっぱいを表したものも多くありますので紹介します。類義語として普通のサイズのおっぱいの女性より極端にデカいおっぱいのことを「爆乳(ばくにゅう)」もしくは「超乳(ちょうにゅう)」などと呼びます。より形容しがたい程の大きさのおっぱいには「魔乳(まにゅう)」などと名付けることもあります。大きさや形などにより巨乳という言葉では表すことができないおっぱいに対し名付けられたこれらの呼び方はエロ動画におけるおっぱいの重要性を感じさせます。また、大きさだけに留まらず、美しい形のおっぱいを「美乳(びにゅう)」、普通より小さいおっぱいを「貧乳(ひんにゅう)」や「微乳(びにゅう)」さらに小さく膨らみがほぼ皆無なおっぱいを「無乳(むにゅう、ないちち)」と呼ぶこともあります。その他にも極乳や弾乳、さらに砲乳なんてものもおっぱいを表す言葉として使われています。

巨乳のアダルトな歴史

古代における発展した文明社会では巨乳は評価されてはいませんでした。おっぱいに対する意識が低く大きさよりもキレイな形にスポットの当たる時代であったとされています。近代になり女性への見方が変わるにつれおっぱいに対する評価も変わり大きいおっぱいへの憧れや願望が浮き彫りになってきました。日本では言葉として「巨乳」が登場するのには時間がかかっています。1967年に芸能人の大橋巨泉が「11PM」というテレビ番組内で朝丘雪路のおっぱいを「ボイン」と表現したことで大きなおっぱいをこの頃は「ボイン」と呼んでいました。1969年には月亭可朝が「嘆きのボイン」を発表、1970年代に小島功が漫画『ヒゲとボイン』を発表、さらに1980年代のアニメの『まいっちんぐマチコ先生』では「ボインタッチ」なる言葉が使用されていて、長い間大きなおっぱいのことは「ボイン」という言葉が定着していました。これに変わる言葉として「巨乳」が使われ始めた1990年代以降は巨乳という言葉の普及に伴い急速に「ボイン」は廃れてしまい現在ではほとんど死語となっています。

関連リンク
wiki:
巨乳 - Wikipedia
Xvideos:
boobs - Xvideos
エロ動画をもっと楽しもう!

好きなワードで検索!